Menu

症状別治療

Home
状別に合わせてそれぞれどんな治療法が適しているのかをご紹介していきます。
スポーツでの怪我、デスクワークや重労働などで慢性的な症状、日常生活で突如襲ってきた症状など、場面場面で様々な怪我が生まれます。
怪我をすれば当然早く治したいものですが、どんな治療法をすればよいのか分からない場合が多いですよね。

そんな方の為にみやはら鍼灸整骨院では、どんな治療法を行っているのかをご紹介します!
  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 肘の痛み
  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 外傷
 

の痛み

慢性的な首の痛み

慢性的に首が痛くなる方は、普段から首を良く動かすことを意識して下さい。
定期的に首を動かす事で、血液循環を促進させ血行不良の状態を改善することが可能です。

寝違い

寝違いは、あまり首を動かさずに安静にしているのが一番です。
患部が炎症して熱いようであれば、冷たいタオルなどで少し冷すのが効果的です。
重度の場合は痛みが数日間続く場合もありますので早めに治療して下さい。

 

の痛み

肩こり

デスクワークの仕事などで長時間同じ姿勢でいる場合は、こまめに肩を動かすことで肩こりの予防となります。
慢性的な肩こりなどで、改善が見られない時は定期的に鍼灸治療をうけることもオススメします。

 

の痛み

野球肘、テニス肘など...

運動で肘に痛みが出た時は、しばらく運動を控え患部を冷やして安静にして下さい。
ゆう鍼灸整骨院では患部に特殊な電気治療を施し、その後に筋肉のハリを取る手技療法を行っています。
またテーピングで患部を固定し負担がかからないような対応もしております。

 

の痛み

腰痛

腰痛の原因は日々の生活習慣が原因の場合が多く、治療をして一時的に痛みが軽減しても、痛みの原因を改善しないと何度でも再発してしまいます。
予防方法として、毎日良い姿勢を意識して腰痛体操を行ったり、なるべく疲労やストレスを溜めないようにすることが大切です。
慢性的な 腰痛の原因の多くは、運動不足による筋肉低下です。
腹筋や背筋を強化することで改善がみられる場合があります。
痛みが強いときは無理な運動はしないほうがいいですが、体調を見ながら少しの痛みなら適度な運動をしましょう。

ぎっくり腰

痛みの強い時は痛くない方を下にして横になって安静にするのが一番です。
痛みを我慢して動くのは症状を更に悪化させてしまいますので早めに治療をおこないましょう。

 

の痛み

膝痛

膝に負担をかけないように生活する事が大切です。
安静にして、早めに検査・治療を行いましょう。
テーピングなどで膝を固定してなるべく負担がかからない様にしていきます。
ゆう鍼灸整骨院では治療後のリハビリにも力を入れておりますので、お気軽にご相談下さい。

オスグッド

オスグッドは症状が発症したばかりの初期段階において治療をしっかり行うことができた場合は、ほぼ確実に手術も必要とせず、後遺症などを残すこともなく完治していきます。

発症年齢に関しては男女差はありますが、男子の場合は16歳程度まで、女子の場合は14歳~15歳程度までの期間に9割以上の子供がオスグッド病の症状が治まり日常生活やスポーツ活動に復帰することが可能です。

 

外傷

捻挫

基本的には患部の内出血の部位や、内出血量の度合いなどを確認することで障害の度合いを図ることは可能です。
慣れてくるとテキパキと応急処置を行い、復帰までのリハビリトレーニングまで自分自身で行うこともできるようになります。

打撲

打撲している所を動かすと痛い場合には早めに診察を受けて下さい。
打撲の程度が軽いからといってそのままにしていると、後から痛みが出てきたり、症状が慢性化してしまう場合がありますので少しの打撲でも診察を受けることをオススメします。